弁護士特約も手段の一つ

死亡事故の場合、遺族は大切な家族を失った心の痛みに耐えなくてはなりません。そのような状況の中で煩雑な保険のやり取りや損害賠償請求を行っていくというのは精神的に厳しいと言えるでしょう。そうした面を考えても慰謝料の請求を弁護士に依頼するのは大きなメリットがあります。書類関係から交渉まで面倒なことを弁護士に任せることができますので、辛い時期に煩わしいことを考えたり行ったりする必要がなくなります

死亡事故
出典 『交通事故被害相談|弁護士法人アディーレ

交通事故関連で相談したい場合、弁護士なら誰でも良いというわけではないので、交通事故を専門に扱っている弁護士を探すなど弁護士の選定に細心の注意を払いましょう。交通事故はいつ何時遭遇するかわからないものです。そのため実際に事故が起こってから弁護士を探すというのも大変な場合があります。日ごろからいざという時のために弁護士の準備をしておきたいという場合は、任意保険会社の弁護士特約を利用すると良いでしょう。

この特約に入っていると弁護士の依頼費用が負担されるだけでなく、事故直後から面倒な交渉や訴訟など様々な手続きを弁護士に任せることができます。それほど高額な特約ではないので弁護士特約に加入することも一考する価値はあるでしょう。

死亡事故の賠償

交通事故と一口にいっても物損事故から人身事故まで様々あります。中でも死亡事故の場合は非常に痛ましい展開になり、損害賠償請求等も高額になり、示談が長期化することがあるので双方にとって精神的に辛いものとなります。死亡事故の損害賠償の場合、積極損害と消極損害の2つの損害賠償が存在します。実際の治療費や入院費、さらには葬儀費用などが積極損害に含まれます。それに対して消極損害とはその死亡事故が発生しなければ得られていたはずの利益も含まれます。当然死亡事故の場合はこの将来的な逸失利益がかなり高額になるケースが一般的です

慰謝料特に一家の大黒柱が死亡事故に遭遇した場合などは残された家族のために多額の損害賠償が支払われるケースもあり、その請求なども個人でおこなうにはあまりに複雑なものとなるため、きちんと弁護士に依頼することがすすめられます。そもそも死亡事故の場合は死亡した被害者本人の慰謝料と遺族に対する慰謝料の両方があります。

仕組みが複雑なだけでなく弁護士に依頼して弁護士基準で損害賠償請求したほうがより高額な慰謝料を請求できる場合も多いです。遺族の将来がかかっている損害賠償でもありますので、この種の対応に慣れている弁護士を探して仕事を依頼するのがベストです。

損害賠償請求相手とは

交通事故が起きた場合、たとえ小さな事故だとしてもなかなか和解できずに裁判沙汰などに発展するケースもあります。交通事故の被害にあった場合に損害賠償請求することができますが、この請求する相手というのは原則として加害者本人ということになります。ただし交通事故も複雑なケースがあり、加害者だけでなく、第三者へ損害賠償請求が可能な場合もあります。例えば加害者側の車両が仕事の車である場合、実際に運転していたのがその会社で雇用されている人の場合、雇用主に対して損害賠償請求するということがあります。

損害賠償請求ですから、交通事故を起こした車の運転者や所有者だけでなく、雇用主やレンタカーの貸し主、加害者の親、業務を行っている会社の元請け会社等、損害賠償請求ができる相手は多岐に亘ります。ただしここに挙げた第三者に対していつでも損害賠償請求をすることが妥当とされるわけではありません。ケースバイケースで複雑な判断が必要になりますので弁護士等に仕事を依頼して損害賠償の請求をおこなうのがベストでしょう。逆に自分が加害者になったり加害者に関係した損害賠償請求をされる第三者の立場になったりする可能性もあることを覚えておく必要があるでしょう。

交通事故時の初期対応

交通事故車社会の日本においては交通事故にいつ遭遇するかわからない状況が毎日私たちの周りに存在しているといえます。凄惨な交通事故のニュースがテレビから流れてくると身が引き締まるような思いになります。それで交通事故に遭わないように自分自身が安全運転を心がけるとともに、万が一交通事故に遭ってしまった場合にどのような対応していくことが必要か、正確な知識を身に付けておくことは大切なことです。小さくても大きくても交通事故が発生した場合に最初にすべき事は警察に事故の連絡をすることです。警察側から怪我人が入るかどうか尋ねられますので、正確に現場の状況を伝えるようにしましょう。

警察への連絡を自分の任意保険会社に事故報告をする必要があります。事故受付センターに対するこの事故報告というものは大切な最初の対応になります。事故受付センターで受付をしてもらったからといって、それが任意保険を使用することを決定したことにはなりませんので、小さな事故だとしても早めに事故受付をしてもらう事は多くのメリットがあります。まず事故受付をしてもらうことによってレッカー車が必要な場合などに任意保険に付帯しているレッカーサービスなどが利用できるか確認できます。さらに事故後の対応に関して適切な相談をすることができますし、最終的に相手方への連絡や交渉を任せることができます。事故直後が1番精神的にも焦っている時ですので、交通事故が起きた場合にはまず早い段階で事故受付をしてもらうようにしましょう。