損害賠償請求相手とは

交通事故が起きた場合、たとえ小さな事故だとしてもなかなか和解できずに裁判沙汰などに発展するケースもあります。交通事故の被害にあった場合に損害賠償請求することができますが、この請求する相手というのは原則として加害者本人ということになります。ただし交通事故も複雑なケースがあり、加害者だけでなく、第三者へ損害賠償請求が可能な場合もあります。例えば加害者側の車両が仕事の車である場合、実際に運転していたのがその会社で雇用されている人の場合、雇用主に対して損害賠償請求するということがあります。

損害賠償請求ですから、交通事故を起こした車の運転者や所有者だけでなく、雇用主やレンタカーの貸し主、加害者の親、業務を行っている会社の元請け会社等、損害賠償請求ができる相手は多岐に亘ります。ただしここに挙げた第三者に対していつでも損害賠償請求をすることが妥当とされるわけではありません。ケースバイケースで複雑な判断が必要になりますので弁護士等に仕事を依頼して損害賠償の請求をおこなうのがベストでしょう。逆に自分が加害者になったり加害者に関係した損害賠償請求をされる第三者の立場になったりする可能性もあることを覚えておく必要があるでしょう。