交通事故時の初期対応

交通事故車社会の日本においては交通事故にいつ遭遇するかわからない状況が毎日私たちの周りに存在しているといえます。凄惨な交通事故のニュースがテレビから流れてくると身が引き締まるような思いになります。それで交通事故に遭わないように自分自身が安全運転を心がけるとともに、万が一交通事故に遭ってしまった場合にどのような対応していくことが必要か、正確な知識を身に付けておくことは大切なことです。小さくても大きくても交通事故が発生した場合に最初にすべき事は警察に事故の連絡をすることです。警察側から怪我人が入るかどうか尋ねられますので、正確に現場の状況を伝えるようにしましょう。

警察への連絡を自分の任意保険会社に事故報告をする必要があります。事故受付センターに対するこの事故報告というものは大切な最初の対応になります。事故受付センターで受付をしてもらったからといって、それが任意保険を使用することを決定したことにはなりませんので、小さな事故だとしても早めに事故受付をしてもらう事は多くのメリットがあります。まず事故受付をしてもらうことによってレッカー車が必要な場合などに任意保険に付帯しているレッカーサービスなどが利用できるか確認できます。さらに事故後の対応に関して適切な相談をすることができますし、最終的に相手方への連絡や交渉を任せることができます。事故直後が1番精神的にも焦っている時ですので、交通事故が起きた場合にはまず早い段階で事故受付をしてもらうようにしましょう。