弁護士特約も手段の一つ

死亡事故の場合、遺族は大切な家族を失った心の痛みに耐えなくてはなりません。そのような状況の中で煩雑な保険のやり取りや損害賠償請求を行っていくというのは精神的に厳しいと言えるでしょう。そうした面を考えても慰謝料の請求を弁護士に依頼するのは大きなメリットがあります。書類関係から交渉まで面倒なことを弁護士に任せることができますので、辛い時期に煩わしいことを考えたり行ったりする必要がなくなります

死亡事故
出典 『交通事故被害相談|弁護士法人アディーレ

交通事故関連で相談したい場合、弁護士なら誰でも良いというわけではないので、交通事故を専門に扱っている弁護士を探すなど弁護士の選定に細心の注意を払いましょう。交通事故はいつ何時遭遇するかわからないものです。そのため実際に事故が起こってから弁護士を探すというのも大変な場合があります。日ごろからいざという時のために弁護士の準備をしておきたいという場合は、任意保険会社の弁護士特約を利用すると良いでしょう。

この特約に入っていると弁護士の依頼費用が負担されるだけでなく、事故直後から面倒な交渉や訴訟など様々な手続きを弁護士に任せることができます。それほど高額な特約ではないので弁護士特約に加入することも一考する価値はあるでしょう。