死亡事故の賠償

交通事故と一口にいっても物損事故から人身事故まで様々あります。中でも死亡事故の場合は非常に痛ましい展開になり、損害賠償請求等も高額になり、示談が長期化することがあるので双方にとって精神的に辛いものとなります。死亡事故の損害賠償の場合、積極損害と消極損害の2つの損害賠償が存在します。実際の治療費や入院費、さらには葬儀費用などが積極損害に含まれます。それに対して消極損害とはその死亡事故が発生しなければ得られていたはずの利益も含まれます。当然死亡事故の場合はこの将来的な逸失利益がかなり高額になるケースが一般的です

慰謝料特に一家の大黒柱が死亡事故に遭遇した場合などは残された家族のために多額の損害賠償が支払われるケースもあり、その請求なども個人でおこなうにはあまりに複雑なものとなるため、きちんと弁護士に依頼することがすすめられます。そもそも死亡事故の場合は死亡した被害者本人の慰謝料と遺族に対する慰謝料の両方があります。

仕組みが複雑なだけでなく弁護士に依頼して弁護士基準で損害賠償請求したほうがより高額な慰謝料を請求できる場合も多いです。遺族の将来がかかっている損害賠償でもありますので、この種の対応に慣れている弁護士を探して仕事を依頼するのがベストです。